忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

遠州 掛塚 くりものや

掛塚の町を楽しむイベント
いじゃまいけつか 〜春〜 4/7(日)開催
(主催:みんなと倶楽部・掛塚)
掛塚寄席チケット絶賛発売中!
ネットでの予約は 


くりものやも出店します!



Facebookページ、インスタグラム始めました。

こちらもよろしくお願いいたしますm(_ _)m
 くりものやFacebookページ
 Instagram @a_kurimonoya

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」です。 

当時の機械、道具は何も残っておらず、作業風景の写真すらも現存しない状態ですが、「くりものや」の名前を残したいと思い立ち、二人の三代目(二代目 郁郎の長男 修司と、正男の長男 明広)が、くりものやを復活させることになりました。

(くりものや初代 忠作)

PR