忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

ひいおじいちゃんの大鋸

郷土資料館に、ひいおじいちゃんが使っていた(と思われる)ノコギリが展示されているという情報を聞きつけて、父と二人で見に行ってきました。
前日に甥や姪たちから「ハゲ増された(どうしてもそこにこだわるか?)」おかげで、父は元気です(笑)
みんなありがとね。



これが、その大鋸です。
展示ケースのガラスの映り込みが邪魔ですがw

木挽き(今の製材屋さん)が使ったもので、「掛塚鋸」として遠州地方では知られた銘品だったようです。
木挽きといえば、葛飾北斎の「富嶽三十六景 遠江山中」にも登場します。
こうやって板を挽いたんですねー。

江戸時代には掛塚港があって、とても栄えていたので質のよい材木がたくさん流通したのだとか。ひいおじいちゃんの政蔵(まさぞう)さんも木挽きだったので、「こういう大鋸が家に何枚もあったなー」と父。
資料館の寄贈者一覧に先日亡くなった伯父の名前があったので、たぶんこれはひいおじいちゃんの大鋸なのでしょう。
うん、そういうことにしておこう(笑)


くりものやの道具(轆轤や鉋)も見てみたかったなー。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字