忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

Rock'n Roll と「くりものや」の切っても切れない関係!?

もうひとりの三代目 修ちゃんは、若い頃からロックンロールバンドをやってました。
先日、納戸の整理をしていたら当時の写真が出てきたそうです。

おー!テレキャスターがまだピッカピカ!
実はこのギター、中学か高校のときに譲ってもらったんです。
僕は楽器の才能がなくて、あまり上達しないままでしたが…(^_^;
まだあるんじゃない?と、実家の押入れを探すと…出てきましたよ。

自分にとっても思い出のあるギターだけど、うちに置いておくより修ちゃんのところにあったほうがいい。そう思って里帰りさせることにしました。
そしたら…

今度は1952年型テレキャスターの復刻モデルを貸してもらえることになりました(^_^)
くりものやになるのと同時に、ロックンローラーも目指しちゃおうと(笑)、鋭意練習中の私であります。
終わり…

じゃなくて、「くりものやの歴史」の話はここからが大事です(笑)

くりものやの話をほとんどしなかった親父ですが、「ハンバーグの型を作った」という話は子供の頃に聞いたことがありました。
終戦直後にハンバーグなんて日本の食卓に並んだのかな?というのが疑問だったので、改めて聞いてみると、「アメリカに輸出してただよ」と。
海を渡った製品もあったんだ!
試しに、アメリカのネットオークション「ebay」で「hamburg press wooden japan」と検索してみると、たくさん出品されてるじゃありませんか。

 

「1950年代、日本製、木製ハンバーガープレス」って書いてありますね。
それにしても、なぜチキンのイラストなんでしょう?
イシイのハンバーグに怒られちゃいそうですが…(笑)

そんなことは置いといて、
1950年代、アメリカ、と言えば、ロックンロールですよ!アメリカングラフィティですよ!

このお姉さんが運んでいるハンバーガーのパティも、もしかすると「くりものや」の型で作られたものかもしれませんね。
知らんけど(笑)

というわけで、くりものやとロックンロールは切っても切れない関係がある(?)
というお話でした。
Thank you, Rock'n Roll!

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字