忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

大盛況!いじゃまいかけつか夏

台風は遠くを通って過ぎ去ったものの、前日は雨。8/25(土)の予報も午前中は雨マーク。
みんなと倶楽部掛塚メンバーからも、「てる坊によろしく」とのメールが届き、プレッシャーが高まりましたが、

ジャーン!
晴れました(笑)
「晴れ過ぎ!」「暑い!」と理不尽なクレームに耐える元祖てる坊(笑)

会場の準備も整い、くりものや出店もスタンバイ完了!

私は、いじゃまいかけつかのメイン会場で生ビール販売を担当するので、今回は修ちゃんがくりものやのてんちょーさんです。


商品を並べているうちからお客さんが来てくれて、てる坊が売り切れ寸前(汗)


歩行者天国が始まると、ぼちぼちお客さんが集まり始めました。
今回は、くりものや以外にも、横町の町内会のみなさんと、津倉邸の向かいのツタヤさん(以前はお米やさん)が、手作り小物などのお店を出してくれました。

こんな風に、どんどんイベントに便乗して、町全体で盛り上げていきたいというのが、みんなと倶楽部・掛塚の願いですから、うれしいですね。

メイン会場では、

お姉様(?)方によるフラダンスやよさこい踊りが披露され、楽しい雰囲気に包まれます。
生ビールもガンガン売れて、写真を取っているヒマもありません(汗)
ビールサーバーの扱いもなかなか難しいです。
慣れる頃にはイベントが終わっているかも(笑)


暗くなる頃には、子供たちは花火で楽しみ、
営業時間を「暗くなるまで」と決めていたくりものやさんは、てんちょーさんが楽しくなっちゃったらしく(笑)ランタンを持ち出してきて営業続行です。


ミニ屋台も登場して、お祭り気分も盛り上がってきまして、
最後はやっぱりこれ

掛塚祭囃子保存会 地元砂町の皆さんによる演奏。
掛塚の人はやっぱりお祭りが大好きだねえ(笑)

今年初めての開催となった、「いじゃまいかけつか夏」は約1000名の皆でさんにご来場いただき、大盛況で終了いたしました。

くりものやにも、たくさんのお客さんにお越しいただきまして、独楽が完売!檜の香り袋も完売!てる坊もほぼ完売!でした。
ありがとうございました。

次は10/20(土)、21(日)の掛塚屋台祭りにも出店しますよぉ!


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字