忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

掛塚の町を楽しむイベント「いじゃまい かけつか」(掛塚寄席)

いつもご訪問いただきありがとうございます。
これが記念すべき100回目の記事のようです。


掛塚の町を楽しむイベント「いじゃまい かけつか」6/9(土)開催です。
・掛塚まちあるき
・旧津倉邸公開
・旧津倉邸庭園公開(お店も出店予定)
・旧掛塚郵便局公開(遠州伊豆石の蔵写真展)
・第一回掛塚寄席

くりものやも協賛に名を連ねております。

本日、寄席チケットの先行販売を行いました。
会場となったのは、旧掛塚郵便局。


昭和42年まで郵便業務が行われていた窓口を使ってチケットを販売しました。


こんなふうに、町のあちこちに散歩の途中で座って話せる場所があったらいいね〜
なんて話も出てきました。
イベントをきっかけに、ちょっとずつ町が変わっていくといいな(^_^)

そうだ!大事なことを

寄席のチケットは、以下のサイトで予約できます(5/1予約受付スタート)。
いわた寄席芸人を応援する会

掛塚地区では、花桐洋品店さん、つるや酒店さんで同じく5/1からの販売です。

出演される三遊亭 楽八さん、神田 鯉風さん、ともに磐田出身です。
昨年の見附寄席に出演されたので、聴かせていただいたのですが、一部と二部で同じ根多を二回聴いて二回とも大笑いしました(笑)

楽八さんは、笑点でおなじみの6代目三遊亭円楽のお弟子さん。若いですが、しっかりとした古典を演れるかたです。
鯉風さんは、「講談って、こんなに面白いんだ」と気づかせてくれた方です。
講談に馴染みのない方は、是非楽しんでいただきたいと思います。

その他のイベントも盛りだくさん、くりものやの出店もあります。
皆さま、是非足をお運びください。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字