忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

掛塚屋台祭りと津倉家一般公開


来週の土日(10/21、22)は、掛塚屋台祭りです。
それに併せて、江戸時代から続いた材木商、両替商、廻船問屋「江戸屋」を営んでいた津倉家住宅と旧掛塚郵便局の一般公開が行われます。

欅、桜、松、杉…など良質の木材を使い、職人が技巧を凝らした建物は一見の価値がありますよ。

くりものやの独楽やメンコなどの昔のおもちゃも展示されます。

また、旧掛塚郵便局は、現在の竜洋郵便局から2代前の建物であり、昭和42年まで郵便局として使われたそうです。
裏には、その昔造り酒屋だったときに建てられた伊豆石作りの大きな蔵もあります。

当日は、みんなと倶楽部・掛塚のメンバーがボランティアで案内に立ちます。
豪華絢爛な屋台祭り見物を兼ねて、是非お出かけください。

10/21(土)、22(日)
午前9:00〜午後5:00
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字