忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

「はじめてスプーン」と離乳食用ひっくり返らないお椀(その1)

ご注文をいただきました。
赤ちゃん用品は、しゅーじいじのブランド(?)だけど、自分の知り合いから頼まれた分は自分で作りますよ!
と意気込んだものの、「赤ちゃんのスプーンの大きさって????」全然見当もつきません(^_^;
自分の身体ではサイズを割り出せない。


とりあえず作ってみて、そのうちのひとつを開発実験部のあの男に託しました。


厳しい実験部長は、くりものや五代目、しゅーじいじの孫です(笑)

上手に使ってくれてる〜(^_^)
いいですかね?合格ですかね?
「まーいいんじゃないの?いちおうごうかくでしゅ」と言ったかどうかは知りませんが(笑)
このスプーンは、「はじめてスプーン」と命名。

次は「ひっくり返らないお椀」だ!


桜の板を木取りします。
このあと、仕切りのついたお皿も…と次のご要望もいただいているので、どうせなら木目が合うように隣り合わせの部材を確保しておきましょう。
70mm厚の板から、お椀用45mmとお皿用25mmの板を切り出しました。


こういうことができるのも、オーダーメイドのよさではないかと。


底の部分が仕上がりました。すぺっすべの手触りです。

気を良くして、途中で写真を撮る間もなく、一気に作っちゃいました(笑)
安定感バツグンです。ちょっとやそっとじゃひっくり返らない。



縁の部分が引っかかるようにしてあるのは、四代目(?)のアイディア。
こうすると、スプーンからはみ出した分も落っことさずに掬えるんだそうです。

あとは、スプーンとお椀それぞれに焼きペンで赤ちゃんの名前や絵を入れて完成になります。
それはまた今度のつづき(^_^)

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字