忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

うすうすは愛を支えられるか?


縁の部分が「うすうす」ですが、こけしタイプでもなければ、ゼリーも入っておりません(笑)
快適な使用感を演出し、たくさんの愛を支えていきたいと、
「木製でも、こんなに薄くできちゃうの?」とビックリされちゃうカップを目指して、0.01ミリってわけにはいきませんが、極限の薄さに迫った桜のカップ。
職場の先輩にお譲りして、毎日コーヒーを飲むのに使っていただいております。
隣の席で常に目に入るので気になるんですよね〜。
いいカタチだな〜。自分用にしたかったな〜(笑)なんて思いながら毎日眺めていました。 

ところがある日のこと、
「あのさぁ〜、こんなになっちゃったんだけど〜」

あらま!見事に歪んでますね(汗)
コーヒーの熱に耐えきれなかったんでしょうね。
どうやら、「うすうす」は、たくさんの人の愛を支える(しつこい!)ことはできても、くり抜いたまん丸の形状を支えることはできなかったようです(T-T)

物事には限度ってもんがありますね。
深く反省!
作り直させていただきます。ちょっと厚めにね。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字