忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

うつわ作り教室 第二回目(後編)

前編に続き後編ですが、
実は、カンバンに偽りあり(?)
ここからは「うつわ作り教室」ではありません。


修ちゃんが持ってきてくれた、伯父さんが昔作った独楽を見た講師のナベ先生が、
「独楽を作るには、刃物も技術も皿やボウルとは違うから、後半そっちもやりましょうか」
と提案してくれたので、お言葉に甘えることにしたのです。
だから、前半は短時間で仕上がる小皿を作ったというわけ。

お盆やお皿は「フェイスワーク」といって、回転する材料の正面から削っていくんだけれど、椅子の脚のような棒状のものは、棒の真横に立って削る「センターワーク」になるんです。
だから、ここからは「センターワーク教室」です(笑)


まずは、角材を削って丸棒を作っていきます。

よく、「人間年を取ると丸くなる」なんて言いますけど、丸くなるためには、高速でブンブン回されて、刃物でガツンガツン削られるわけですよ(笑)
思い当たるフシはありますか?
木材も人間も大変だwww

時間内に独楽は作れなかったけど、色んな技法を試させてもらい、なんとなく自分でも作れそうな感触は得られました。
左端の部分が独楽をイメージして練習した部分。


小学校3年生くらいまで、伯父がくりものやを続けてた自宅で育った修ちゃんは、「子供の頃に見て聞いて感じていたもの、木が削れる音、木屑の飛ぶ感じ、削るときの手や腕のかたち…懐かしかった」って。
くりものやの独楽、復刻しようね。

ナベ先生、ありがとうございましたm(_ _)m

そうそう。
今回は、新発売の「RIKON」の2つのモデルを使うことができました。
あ!
「ライコン」ですからね。素直にローマ字読みはしないよーに!(笑)

こちらが「ミドル」
モーターが1HPで、速度無段階調整つき
今朝までは、こちらが購入の候補でした。


そして、こちらが「ライト」
モーターは0.5HPで、速度調整はベルト掛け替えによる6段階調節
今日、自分が使ったのはこちらのライト。

馬力が大きくて、速度無段階調節のミドルは高いけど魅力的。
だけど、余分な電子部品(速度調節)が付いていないライトのほうが故障が少なそうだし、何より安い。

うーん、悩むなー( ̄^ ̄ ;)

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字