忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

お待たせしてすみません

工程の都合もあって、順不同で製作させていただいております(^_^;

でも、「私のは一番最後でいいですから〜」と言っていただける方が多くてですね、
最後争いが熾烈を極めております(笑)

今日は、まず大分の北川木工所さんのレプリカ独楽を作りまして、


ストラトキャスターシリーズ
バターナイフ(スモールヘッド)
ペーパーナイフ(ラージヘッド)
を作りました。

スモールヘッドは、ご依頼主が女性の方なので、小さな手が痛くならないように、1954年の超初期モデルをイメージしまして、ヘッド部分の面取りを大きくしております。
1955年、1956年と量産が進むに連れてヘッドの面取りは小さくなっていくんですね。
というわけで、ラージヘッドモデルのほうは面取り小さめです。
わりとこだわっております(笑)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字