忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

くりものや への第一歩

清水の「工房スタイル」さんで、木工旋盤に初挑戦してきました。

1日かけて、うつわづくりをみっちり教えてくれる教室。4月に申し込んで以来、待ちに待った今日を迎えました。
もう一人の受講者は、はるばる石川県から参加のMさん。
すでに木工旋盤をお持ちだそうです。
私は血筋はよい(?)ものの、旋盤に触るのも初めてなので緊張しています。
写真の「JET 木工旋盤 JWL-1221VS 」が今日1日の相棒です。


このブナ材から、どんなカタチの器を作りたいか?要望を聞いてくれました。
内底が平らなものや、内側の壁が垂直のもの、S字断面のものなどは上級者向けということで、無難なサラダボウルを作ることにしました。
Youtubeの動画でイメージトレーニングはバッチリ(笑)でしたが、見るのとやるのとでは大違い(^_^;

それでも親切に教えていただきながら、6時間ほどかけてボウルが無事完成しましたよ〜。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

あった

ブログ見つけました。継続は力なり。がんばって!  豊橋 堀内

ありがとうございます

地道にシュルシュルと削っていきます(笑)