忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

ご結婚祝いの品のご依頼いただきました

なんと!
とある若い衆から、「職場の先輩が入籍したので、お祝いにくりものやのうつわを贈りたい」と、ご注文をいただきました。

くりものやの材料ストックの中でも、とびきり上等なのを使っちゃいますよー。

こちら、玉杢の欅でございます。
根っこに近い瘤状になった部分をスライスしたときに、同心円状に出る木目を玉杢と呼んで珍重されるのですが、欅の場合は樹齢数百年の樹に出るらしいです。
仕入れ値ですか?
それなりにしますよ(笑)


それを直径15cmくらいの、深皿に仕上げました。
なかなか風格があるでしょ?

左が修ちゃん作、右は俺のです。


底の写真は逆だな(^_^;
左が俺の。右が修ちゃん作です。


生みの親(作者)は別々だけど、それが一緒んなって一組のうつわになる。
重ねるとしっくり収まるんですよね〜、これが。
まさに結婚のお祝いとしてふさわしいお品でございます(と、自画自賛w)。
これ、売りにしようかな?(笑)

細かいこたぁ何も言わず、くりものやにお任せで注文してくれるなんざ、見処のある若い衆ですな。
修ちゃん家の息子クンなんですけどね(笑)

彼は、ギター作りの専門学校を出て、今は某楽器屋さんで働いています。
俺のストラトも彼のお店で買いました(^_^)

もしかしたら、将来くりものやブランドのエレキギターが登場しちゃうかもしれませんよ!
知らんけど(笑)

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字