忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

ちょいと きどってみませんか♪

まだ、工房が完成するメドは全然ついていませんが(^_^;
工房ができたら使う作業台くらいは自作しようと思い、図面を書きました。

木工旋盤を載せる台と、バンドソー用の台。
旋盤用は頑丈な設計となっております。どれほど丈夫かは知らんけど(笑)

さて、大変なのはここからです。
必要な部材の長さ、本数は割り出せたけど、材料のSPF(ツーバイフォー)材を何本買ってくればいいのよ?
なるべく無駄のないように木取りをしたい。
でも、パーツの種類が8種類。点数にして41点ともなると木取り作業は複雑です。
やりたくなーい!

ネットで探してみると、ありましたよ。
板取りソフト「Cutting Planner Pro」。30日間試用できるそうです。
必要な部材と数量、元となる材の寸法を入力して、ボタンを押すと、
あっという間に最適な木取りを教えてくれましたよ〜。
使用本数は15本。余る部分も少なそうです。
歩留まり97.6%!!!
優秀だね〜


ちなみに自力でやってみた結果は…

残念!
16本でした〜。危うく1本ムダになるところでした。
やっぱ、コンピューターにはかないませんなぁ。

ちなみにこの Cutting Planner Pro 、1ライセンス36,300円とけっこうなお値段です。
これだけの性能ならリーズナブルと言えますが、
今回節約できたSPF材1本のお値段は300円程度。
じぇんじぇんモトが取れませ〜ん(T-T)

プロの職人さんとか、DIYでテーブルやら椅子やら作りまくっちゃう方にはおすすめです。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字