忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

カリンの小鉢

ず〜っとオーダー品の製作に追われて(ってほどでもないですけどね。のんびりやってるのでw)いたので、ホント久しぶりの自由な作品です。
去年の秋に端材を仕入れてあったカリンで小鉢(小さなお椀?)を作ってみました。
サイズは材料の寸法なりゆきです。


削くずは粉っぽいです。そして赤い。
後で鼻をかんだときに、鼻血かと思っちゃいました(笑)
そのわりには、仕上がったものは赤みが少ないなー。
空気に触れて時間が経つと赤っぽくなってくるのかな?

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字