忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

ザ・メイキングオブ・キッズ独楽

ひさしぶりの「できるまで」です。
今回は、いきなり「できあがり!」にワープすることなく、わりとこまめに写真を撮りましたよ(笑)


まずは、角材を丸棒にするところから。
桧の三寸の柱材を4つに割った52mm角の材を49Φを目標に挽いて、チャックつかみの部分を加工します。今回は8つまとめて作ります。
この段階では多少凸凹していますが気にしません。
独楽は同じ直径のままのストレートの部分がなく、テーパー状に削ってしまうので(笑)

これをバンドソーでひとつ分の長さずつに切り分けます。



上の部分をテーパーに削ります。
一直線ではなく、緩〜く曲面になるようにしています。

お次は上面。
くりものや伝統の模様にしていきます。

ここまでできたら、旋盤から外して桜の刻印を打って第一段階終了。


今度は反対側をチャックでつかんで、下の部分をテーパー状に削ります。
ここも一直線に斜めに落とすのではなく、緩やかに膨らんだ曲面にします。

続いて、芯を差し込む穴を空けます。
普通はドリルの刃を回転させるのですが、木工旋盤を使う場合は、回転する材料に静止したドリルの刃を必要な深さになるまで押し付けていって穴を空けます。

第二段階が終了したら、旋盤から外します。

あとは芯を打ち込むだけです。
普通の独楽の場合は、5Φの鉄の丸棒を仕入れたものを切って使います。
丸棒になった木材をホームセンターで買ってこようかとも考えたのですが、ホームセンターのって針葉樹で柔らかいんですよね〜。すぐにすり減ってしまいそう(^_^;

ここはやっぱり、敷居にも使われる山桜だろう、ということで自作することにしました。
桜の丸棒は売ってないからね〜。作るしかない(笑)



こうしてできた芯を打ち込んで、

所定の長さに切って、先をやすりで丸くしたら完成です。


そうそう!このキッズ独楽、子どもだけでなく大人にもいいんですよ。

ツボを押すのにピッタリなんです。
力もほどよく入ります。

注意!)鉄芯の独楽でツボを押すのはやめましょうね。体に穴が空いちゃいますよー(笑)


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字