忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

シチュースプーンができるまで

前々回の記事で試作したシチュースプーン
正式に2本のご注文をいただきました。
せっかくだから木目を合わせましょう。


こうやって材料を切り出したら、木工旋盤で柄の部分を作ります。
さじ部分も大まかにカタチを取っていきます。


途中、悲惨な事故が発生したりしますが…(T-T)


なんとかリカバリー(つまり最初からやり直しw)して、スプーンらしくなってきましたね。
ε-(´▽`)


あとは、肝心の内側を削って…


外側を削って、柄の部分を山型に加工するわけですが、
調子が出て来たので、いつものごとく写真がありません(笑)

一気にワープして、ガラスコーティングを施して完成です!


乾燥させるためのゲタにしているのは、バターナイフの素。
スプーンを木取りした残りの材から切り出しておきました。
気が向いた時にバターナイフに化けさせます(笑)

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字