忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

スナ町の木工職人?

杉のカップの中ぐりをしていたら…

パカーン!と割れました。
まぁ、慣れてますけどね(笑)

捨てる?
いいえ、家に持って帰ります。


スナネズミのパオくんにあげると
あっという間に

こうなります(笑)

きっと彼はスナ町の木工職人の家系なんでしょう。
削るのがメッチャ上手です。


パオくんは紙もカリカリ粉砕してくれます。
我が家のシュレッダーとして重宝してますよ(笑)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字