忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

ヒット商品について考える


「小沢昭一の小沢昭一的こころ」風なタイトルで始まりました。
まだまだ「てる坊」の話題で引っ張ります。
今が旬ですからねっ!(笑)

土曜日は「るて坊」以外にもノーマル「てる坊」を3個作って補充しました。
これくらい作っときゃ十分だろうと。
で、その夜の修ちゃんからメッセージ

マジかっ!
くりものやの生産能力からいったら、これはもう超絶ヒット作です(笑)
日曜日も朝から「てる坊」作りに追われました。
なんかもうワサワサしております。

しかしまぁ、何が当たるかわかりませんね〜(と言うほどのヒットじゃないですがw)。

企画会議を何度もやって作り出した商品ではないじゃないですか。
「いじゃまいかけつか」の前夜に発作的に作ったもので(笑)
当日は商品でもなく、お守り的存在で、

「あの大雨が止んで、こんなに晴れたのは、このてるてる坊主のおかげです」なんてエピソードにはなったし、紹介もされたけど、こんなにリクエストされるとは思ってもみませんでした。

世のヒット商品ってのも、ひょんなきっかけで、これより少し大きめのムーブメントが起こってヒットしていくんだろうな〜と思った次第です。
後は追随できる供給力と、ブームの終わりを早めに察知する能力と、ブームが去った後も食っていける体力(定番商品だったり別のヒット商品)…かな?
これがわかってない零細企業の商品が、突然一過性のブームでヒットしちゃったりしたら…
あっという間に倒産しちゃいますよ、きっと。

「てる坊」だってさ、どっかでまかり間違って、例えばタレントの渡辺直美さんの手に渡って、「てる坊可愛い〜」なんてインスタグラムに投稿されちゃったら、もう大変ですよ(笑)
くりものやブログはアクセス殺到!
メールサーバがパンク!
俺は勤めをやめちゃって、朝から晩まで「てる坊」を作り続ける毎日。
設備増強だ!人も雇っちゃえ!工房も移転だ!大きな工場建てちゃえ!材料もまとめ買いだ!
儲かっちゃってたまんないぜ!ウハウハ!ポルシェでも買っちゃうか!

ところが、一月経ったらパタッと注文が止んで、
気づいたら無一文だ!借金だけが残った!明日からどうしよう?身の破滅だぁ〜!

なんてぇことにならないよう、くりものやさんは地道にやります(笑) 

こちらは修ちゃん作、てる坊の恋人「てる子ちゃん」だそうです。
どこへ行こうとしているのだ!?くりものや
サ◯リオ?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字