忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

ヒノキの擬宝珠に挑戦中

擬宝珠のご注文をいただきました。
ギボシといえば、

車やバイクの電気配線に使うものしか縁がありませんでしたが、
今回ご依頼いただいたのは、神社やお寺にある擬宝珠です。


手で持てる大きさの室内用(?)。

はじめは、手近にあったブナの木で作り始めました。
このサイズだと、細かい加工が難しいですね〜。

何個も作っているうちに、「これはヒノキで作るべきじゃないか?」という思いが芽生えました。
ただでさえ加工が難しいのに、ヒノキ?
ボロボロになっちゃうじゃん!
なぜか、そうは思わなかったのですねー(笑)

案の定、脆いので、ガッサガサになります。

でも、ヒノキの香り、柔らかくて暖かみのある手触り…
握っていると、なんだか落ち着く気がします。


刃を研ぎ直したり、当て方を工夫したり、
何度も挑戦しているうちに、擬宝珠だらけになりました。
ご注文は2つなのですが(笑)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字