忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

プライスカードは檜で作りましたよ


色々と迷ったんですけどね。
やっぱここはプラスチックや紙ではなく、木だろう!と。

でも、檜の薄い板がなかったので、

75mmの角材をバンドソーで15枚に挽きました。
大変でした(笑)

それをペーパーで仕上げて、
脚の部分は、お皿やボウルを作ったときにバンドソーで丸く切り抜いた抜け殻の端っこを利用して作りましたよ。
材料はとことん使い倒すのがくりものや流です。
一度使ったプライスカードも、ペーパーをかければ書き換えて再利用できるから地球にもやさしいです(^_^)



PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字