忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

何を企む?くりものや

浜松市内某所で、こんなものを仕入れて


工房に戻って焼印を押して(布に押すのは初めてなので、これはお試し)


こんなものを作って


一体何を企んでおるのじゃ?くりものや
(つづく)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字