忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

作ってみたかったアノ形シリーズ

前からデザインが秀逸だな〜と思っていた、あの容器を模倣してみました。
ブナ材を使いましたが、回転させていると色もアレみたいです(笑)

 

完成!
くびれが素敵(笑)

美しいもの、優れたデザインのものは、できるだけ模倣しておきたいんです。
オリジナルを作るときも自然とバランスの良いものが作れるようになると思うので。
絵画の世界でも「模写」は大事だって言いますからね。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字