忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

商品展示棚作ったった

昨年4回イベントに出店しまして、こんな風にキャンプ用のテーブルにずら〜っと並べていたわけですが、

「この展示方法ではアカンな」と気づいて、昨年11月には各地のイベントを偵察して回り、理想のカタチを頭の中に描いたものの、一向に製作にかからず(笑)
次のイベント「いじゃまいかけつか 〜春〜」まで2週間となって、やっと重い腰を上げました(笑笑

コンセプトは、超軽量、コンパクト収納、そして「ねじ釘を使わない!」です。

いつもとは違う道具、勝手の違う作業…
同じ木工でも、全然違いますぅ〜。ど素人です(笑)




おまけに、ちゃんと計算して買って来たはずのダボが何故か(?)2つ足りなくなりました(T-T)

でも、心配ご無用!
うちには偶然にも(?)木工旋盤があるじゃあーりませんか!
さくさくっと削って作っちゃいました。
全部(32個)作るのは御免こうむりますが(笑)



どうにかこうにか、こんなものを4組作りまして、

蝶番で脚立のようにつないで、棚板をのっけてできあがり(^_^)
蝶番を取り付ける木ネジ以外は、一切ネジも釘も使っておりません<(`^´)>


これで、通りがかりの人の目を引く展示ができ、省スペースにも貢献することでしょう。
ちょっと心配なのは、「超軽量」。
遠州の空っ風に耐えられるでしょうか?(ー'`ー ; )

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字