忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

四代目ママのアイディア くっついちゃうベビー食器

修じいじ(孫ちゃん可愛がりモードのときは、修じいじと呼びますw)が、何やら試作しましたよ。

ベビー用のレン坊(レンゲ)と、食器のセットです。
底が広くなっていて、引っくり返しにくくなっています。

ほら、赤ちゃんって見るもの何でも興味を持って手をかけちゃうじゃないですか。
結果、カシャーンとひっくり返してしまって、忙しいお母さんは(赤ちゃんだから仕方ないのに)つい叱ってしまって、それで自己嫌悪になったりして…。
食器がひっくり返らなかったら、ママも赤ちゃんも幸せ。

この食器はそれだけじゃないんです!
四代目(?)である修じいじの娘、孫ちゃんのママのアイディアがセットされているのです。

「吸盤でテーブルにくっついちゃう食器はできないかなぁ?」
言うだけじゃなく、用意周到に吸盤まで買って来たそうです(笑)
それを修じいじがカタチにしました。
実際に使ってみて改良していきま〜す。
なにしろ、テスターは手加減してくれませんからね(笑)

そういえば、みんなを笑顔にするスプーンを見て、真っ先に「これのベビー用が欲しい!」とリクエストしたのも彼女でした。
ヤツぁ腕もいいけど、なかなかいい視点も持ってますよ(笑)

これからも、食器やおもちゃなどなど、どこにも売ってない、ママも喜ぶ、子供も喜ぶ、くりものやオリジナルグッズがどんどん登場すると思います。
期待してくださいね!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字