忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

工房のおとなりさんを紹介します

工房のすぐ横の木にキジバトが巣作りしてるのを見かけたのは去年の9月末のこと。
材料を口にくわえて飛んできては、昔使っていた風呂桶に一旦とまってから垣根に飛び込んでいくんだけど、巣がどこなのかはよくわからずじまいでした。


この元風呂桶、今は旋盤で削った屑を後で親父が畑に撒くために貯めておく容器になってまして、
先週も削くずを入れに行ったら、見つけましたよ。キジバトの巣を(^_^)



庭には二羽キジバトのひな(笑)
といってもキジバトのひなは大きいねぇ(^_^)

まだ飛ぶ練習はしてないようだから、次も会えるかな?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字