忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

平成最後に

気をつけてはいたんですけどね〜。不注意から、真っ黒焦げに…


ではなくて、

初めて黒檀を挽いたんですが、本当に真っ黒なのね(笑)
これは縞黒檀って言うんでしょうか。茶色と黒のマダラ模様なんですが、それでも削り屑は真っ黒です。


名付けて、「掛塚独楽 平成ブラックリミテッドエディション」!
仕上がりはずっしりと重く、表面はすべすべです。

平成リミテッドエディションはまだまだ続きます(笑)

こちらはカリン。
削りたての表面は、まだまだ色が薄いですが、空気に触れているうちにだんだん赤くなってくるはず。


そして、こちらはブビンガ。
独楽になっても杢が美しい。

さ〜て、あとは何の木があったかなぁ?

これは欅リミテッド


そして、まさかの桧


ディスプレイスタンドまで作りました(笑)

夕方、母方の従兄弟が独楽を買いに来てくれて、
いい歳したおっさん二人、ムキになって独楽回しの練習(笑)


おろしたばかりのカリン・リミテッドは、すっかり歴戦の勇者の風体になりました(笑)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字