忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

強力なライバル「るて坊」?


一躍くりものやの人気商品になった「てる坊」ですが、
南アフリカにお住いのTさんから、
「わしも『てる坊』欲しいんじゃが、ケープタウンは大干ばつで水不足なんよ。トイレの水も流せんのよ。雨乞いのまじないに逆さに吊るすことはできんかのぉ?」と、仁義なき戦いの菅原文太の口調で(?)メッセージが届きました。

そういえば、子供の頃「てるてる坊主を逆さに吊るすと雨になる」なんて言われてましたねー。
「るてるて坊主」とか言って。
運動会が嫌いな子とかは、前の晩そうやって吊るしてたんでしょうか?(笑)

まかしてつかーさい!

「るて坊」です(笑)
ただ「てる坊」を逆さに吊るしただけでは芸がないので、

水が貯まるように中を刳り抜いております。
くりものやさん芸が細かいです(笑)
てる坊とは工程も違うんですよ。るて坊に最適化した生産工程を構築しているのです(笑)

というわけで、今工房には、てる坊とるて坊が両方ぶら下がってるのですが…

明日の天気はどうなる?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字