忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

掛塚寄席の日の出店に向けて準備を着々と

前にもお知らせした通り、6月9日(土曜日)に、みんなと倶楽部で掛塚寄席をやるのに合わせ、くりものやも初の出店を企んでいます。


修ちゃんは樫の木やブナの木で、スプーン、ジャムナイフ、フォークなどをガンガン製作中。
勢いがとまりません(笑)

ここは負けてはいられません。
バターナイフ4本を一気に作りました。

材料はアメリカンチェリー。
写真ではわかりにくいかもしれないけど、柄の部分に対して刃には角度をつけてあります。


こちらはブナのお猪口
大きさの比較には、今も昔もマールボロです(笑)

まだまだたくさん作りますよ〜!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字