忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

木と遊ぶ道具の展示会


オフコーポレイションの「木と遊ぶ道具の展示会」に行ってきました。
「木工機械の…」ではなくて、「木と遊ぶ道具の…」ってとこがいいですね。

まず初めに飛びついたのは、バンドソーみたいな糸鋸盤

一般的な糸鋸盤はミシンのように刃が上下に動きますが、これはバンドソーのように輪になった刃が一方向に回転するスクロールタイプ。

こんなふうにUの字にも切れますし、薄〜い板を挽くこともできます。

切断面はカンナがけしたような滑らかさ。

こんなのも作れちゃいます。
鋸刃の切り代が少なく、厚い板でも上から下までほぼまっすぐ切れるので、切り抜いたものはオモテからもウラからもスコスコ抜けちゃいます。

うちのバンドソーの使い方だったら、これでも十分代わりになるなー。
糸鋸盤を買っても置く場所がないのが悩みのタネだったけど、これ1台で済ませちゃえば、スペース問題は解決!
いいなー。欲しいなー。

お次は、
「木工コピーマシン」の異名を持つパンタルータ。
これも欲しい!

どういうものか?気になる方は、こちらの動画を見てください。


3つ目は、ディスクグラインダーカービング

どこのご家庭にもあるディスクグラインダーの砥石の代わりに、様々なアタッチメントを取り付けて、掘ったり削ったり、豪快な工作ができるツール群です。

こんな穴も簡単に空けられます。

この間の台風で、天竜川の河口付近の砂浜に大量に打ち上げられてる流木を拾って来てアートするのもいいかも。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字