忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

木を削るって気持ちいい〜!

清水の工房スタイルさんに買い出しに行ったら、何やら面白い道具が置いてあしました。
「削り馬」といって、上に座って足でペダルを踏むと材料が固定されるので、両手がフリーになって安定して削れる道具です。


ヨーロッパで発展したんだそうです。合理的ですね〜。
これを使えば、ハイジのおじいさんのようにテッテケテケテケ削れること間違いなし!


「やってみる?」と言われ、少しだけ…のつもりが、
止まらなくなっちゃいました(^_^;

何を作るわけじゃなく、ただただ木を削るだけなのに気持ちいい〜!
削った面を手で撫で回すのも気持ちいい(笑)
電動工具を使うことに慣れちゃったけど、手工具で削るのは楽しい!ってことを思い出させてもらいました。


工房スタイルさんでは、5/12(土)に清水のエスパルスドリームプラザで行われる「センスフェア」で、木を削る気持ちよさを体験できる出展をするそうです。
お近くの方は是非気持ちよさを感じてみてください!

工房スタイルブログ お知らせ [休業]4/29(日)~5/7(月) ・ [イベント出展]5/12(土)


削り馬は「グリーンウッドワーク研究所」のサイトからダウンロード(有料です)して、ホームセンターに売ってる材料で作ることができますよ。
グリーンウッドワーク研究所「削り馬」図面ダウンロード


あ、電動工具を使っても、木を削るのは気持ちいいですよ(笑)

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字