忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

欅の小鉢

先週作ったカリンの小鉢は、やはり一週間経って赤みが増してきました。
あとひとつふたつ…と作りたいところなのですが、買ってあった材は割れがあって、同じ大きさはもう取れそうもありません(T-T)

というわけで、同じく昨年の秋に仕入れてあった欅でお揃いの小鉢を作ることにしました。


きれいな杢なのですが、削って見たら死節がありました(T-T)
まぁ、木だもんね。


幸い、死節は内側までは届いていませんでした。
こちらの欅のほうが少し厚かったので、カリンに合わせて高さを低くしたつもりが…
逆に低くなり過ぎました。このへんの加減が難しい(^_^;


裏側はこんな感じ。
波杢っていうのかな?
なかなか面白い模様が出ました。

大きな板(高額なので)を仕入れることができない零細木工所としては、
同じ材、同じかたち、同じ大きさの器を複数個そろえるのは、なかなか困難です。

そこで、「同じかたちで一つ一つ異なる材で揃えた器なんてのもオシャレですよ!」という提案。

をいをい!くりものや
そんなこと言っちゃっていいのか?
この厚さの他の材なんて持ってないし、滅多に買えねーだろ!(笑)

いつになるかわからないけど、時間をかけて一つ一つ揃えていくのも「通」の楽しみ方です(笑)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字