忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

独楽のおかげで、みんなとつながった

6/22に書いたみんなと独楽の後日談です。
このとき、Facebookには「くりものやの独楽は、みんなと繋がる(?)アイテムな気がしてきました(笑)」って書きました。


そしたら…
7月の中旬に、広報紙「みんなと倶楽部」の編集を担当している中学時代の同級生(みんな部活も同じ^_^)のグループ「地域応援隊 い〜ら」のメンバーに加わることになりました。


そして昨日、広報紙を発行している「みんなと倶楽部・掛塚」の勉強会にも参加させていただき、その場で入会させていただくことになりました(笑)


気がしただけじゃなかった(笑)
くりものやをやろう!って決めて以来、本当によいご縁に恵まれております。

親父が珍しくいいこと言ってた。
「くりものやは何でもまるくするのが仕事だでな」
それもらった!(笑)

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

ようこそ「みんなと倶楽部」へ!
掛塚の独楽の形について調べていたら、このブログにたどり着きました。九州の独楽に似ているとは思っていたのですが、まさかズバリだったとは。

Re:無題

斎藤さん、すみません。

コメント欄の使い方を今ひとつ把握していなくて、ずいぶん前にいただいたコメントをずっと放置してしまっていました。
大変失礼いたしました。

今後とも、よろしくお願いいたします。

  • 忠作さんの孫
  • 2017/10/04(Wed.)