忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

看板を作ってます

1週間放ったらかしにしたと思ったら、今度は毎日更新…というマイペースでやらせてもらっている当ブログですが、今日は、従兄の修ちゃんの作品を紹介しますね。


檜のカップです。
材料は、修ちゃんの姉さんの嫁ぎ先の工務店からいただいた柱の端材でして、もう一族総動員といった感じです(笑)


あまりに気に入ったので自分用にしたようです。
年輪を見ているだけで酔っ払いそうですねぇ(笑)
日本酒も焼酎も美味しいそうです。

メインディッシュのペペロンチーノも修ちゃんが料理したもの。
すごいでしょ?
うちの親父が裏の畑で作った採れたてキャベツも入ってます。

そしてそして!

6/9の出店に向けて看板を製作中です。
槐(エンジュ)の輪切りを彫って作ってます。
桜や文字の部分に色を着けるか、木の色をそのまま生かすか悩むところです。

6/9(土)「いじゃまい掛塚」(掛塚寄席、津倉邸公開、旧掛塚郵便局公開、掛塚まちあるき)に足を運んでいただいて、この看板のくりものやにも是非お越しください!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字