忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

釣り銭トレーの注文をいただきました

調子に乗って、本日2本目の記事更新です(笑)

近くの杉嶋接骨院さんのご夫婦が先日工房を見学に来られて、お会計のときに使う「釣り銭トレー」をご注文いただきました。
よくあるのは、プラスチックで、底にイボイボがついてるやつですね〜。

その場にあったお皿を触ってみて、お皿の深さだとか大きさを決めていただいて、こちらからはカウンターの色とか模様(木目がケンカするといけないので)をお聞きして、あとは「お任せ」で作らせていただくことになりました。

さて、材料は何にするか?
延々考えた挙句
企画担当の俺が「杉嶋さんだから杉でいこう!」と叫べば、
製作担当の俺は「えーっ!?杉で作るんですかー?」と嘆く(笑)

このブログを長くご愛読の方はもうおわかりですね?
杉は柔らかすぎて、木工旋盤の材料としては向いていないことを。
ボロボロになっちゃうんですよね〜。

でも、脳内での二人の俺のケンカは企画担当の勝ち!(笑)
掛塚湊の繁栄の礎であった天竜の恵、杉や檜を使いたいという想いもありますからね。

浜松製材界のドン(政財界ではない…笑)が探して来てくれた天竜の天然杉の出番です。
前振りが長くて写真がないのは寂しいので、完成写真をドーン!


なかなか面白い木目が出ました。

内側は、ごくごく浅く、小銭を取りやすいように。
内側に合わせて薄く(高さを低く)してしまうと、指が入りにくいので、真横から見たら普通のお皿に見えるように底は厚くしてみました。
分厚いけれど、とっても軽いです。

水に濡れる使い方ではありませんが、ガラスコーティングを施しました。
硬貨(特にアルミの一円玉)が擦れると黒ずんだりするので、水拭きできるように。

今回使った天然杉ですが、目が詰まっているだけあって、杉の割には挽きやすかったです。

削り屑も、杉の割には(しつこい!笑)粉にならずに、きれいな糸状になりました。


夕方、お持ちして、早速使っていただけました。
ありがとうございました。


こちらの釣り銭トレー。
杉嶋接骨院さんで見て触れて使っていただけます。

お近くの方は、ぜひ杉嶋接骨院さんへ
と、ちょっと待って。
この書き方はマズイぞ。

え〜っと、接骨院に行かないで済めばそれに越したことはありませんが、
もし万が一、どこか痛めてしまったり、治療の必要が生じた場合は、杉嶋接骨院さんへ!
いじゃまいかけつか、掛塚寄席のポスターも掲示していただいております。

こういった杉の器ですが、杉嶋さん、杉山さん、杉岡さん、杉田さん、杉原さん、杉下さん、杉村さん、杉野さん、上杉さん、高杉さん…に限ってお受けいたします(笑)
いや、けっこう多いじゃん。「杉」のつく苗字(汗)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字