忍者ブログ

遠州掛塚(砂町)で明治から昭和40年頃まで、刳り物や挽き物などの木工製品を製作していた「くりものや」 2017年秋、二人の三代目により、くりものやが復活しました。

桜の印は…

前回、独楽の写真をアップしたら、ある方から

桜の刻印は、ハート型が集まってるんだね

というメッセージをいただきました。

そうなんです。
桜の花びらって、こんな感じなんですが、

この独楽の刻印のほうはどう見ても、ダイエットした(?)ハートですよね。

きっと忠作さんは本田宗一郎さんとは違って、桜をじっくり観察せずに刻印を作ったのでしょう(笑)
まぁ、十中八九「桜の花って、こんなカタチだっつら?」という曖昧な記憶で作ったのだとは思います。独楽を作ってたのは真冬なんだし。
今みたいに、ググって写真を見ることはできないし。

でもさ、「ハートが集まってる」って、なんて素敵なフレーズなんでしょう。
そう思うと、このカタチはとても意味のあるもののような気がしてきます。

だから、この独楽を復刻するときは、リアルな花びらではなく、ハートが集まった桜の刻印を打ちたいと思います。
この独楽を中心に、ハートが集まる「場」が作れることを夢見ながら…

俺ぁ、乙女座生まれのロマンチストだもんだでね(笑)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字